初めて当院をご利用の皆様用オンライン診療および電話による遠隔診療を開始
・5/2/2020 渋谷ウエストクリニックのオンライン診療システム・電話による遠隔診療システム運用開始

*47都道府県対応しています。臨時措置ですので厚労省の指示により当診療は予告なく終了する場合がございます。

AGAとは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。 成人男性によくみられる額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる状態のことです。AGAは進行性で放置しておくと頭髪は減り続けてほとんど無くなってしまいます。

AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質は毛根部のDHT(ジヒドロテストステロン)です。 AGAでは脱毛部分に多量のDHTが確認されています。DHTは5α-還元酵素によって男性ホルモンのテストステロンから作られこのDHTが多くできると頭髪の成長期が終了します。そのため頭髪が太い毛に成長する前に抜けてしまい細くて短い頭髪が多くなって薄毛の状態になります。

AGA治療

男性型脱毛症の診断は問診、視診によって行います。額の生え際、前頭部と頭頂部の毛髪などを確認します。男性型脱毛症と診断した場合、内服薬と外用薬を用いて治療を行います。

AGAの治療薬

主なAGA治療薬

シート
厚生労働省承認薬
新AGA治療薬
厚生労働省承認薬
プロペシア 1mg「MSD」
28錠 7,800円
140錠 39,000円
ザガーロ 0.5mg「GSK」
30錠 10,000円
デュタステリド 0.5mgZA「トーワ」
30錠 6,800円 10/13処方開始
プロペシア
ジェネリック
厚生労働省承認薬
プロペシア
ジェネリック
厚生労働省承認薬
フィナステリド錠 1mg「トーワ」
28錠 3,800円
30錠ボトル 4,000円
フィナステリド錠 1mg「ファイザー」
28錠 4,000円
90錠 12,800円
140錠 20,000円

ミノキシジル、アロビックス液など

AGA治療薬の処方

AGA治療薬のほとんどは処方薬です。ドラッグストアなどでは入手できませんので医療機関を受診する必要があります。

最寄のAGA外来

新宿ウエストクリニックは1986年4月に形成外科、皮膚科、泌尿器科として初めてED専門外来を設置した診療所です。1995年よりAGA外来を設置しています。開院以来、未承認薬の取扱いは一切ありません。安心してご利用できます。渋谷にも渋谷ウエストクリニックがあります。

新宿ウエストクリニック

渋谷ウエストクリニック

MENU